6期生卒団式

明日はいよいよ6期生の卒団式です。と言っても卒団式後も全員チームに残って高校入学まで練習に参加しますが。

入部したころは力もなくボールも全然飛ばなかったけど今は結構飛ばします。入部して2年8か月子供の成長はすごいとつくづく実感しています。

原点

今シーズンも先日の3リーグ大会、3年生親善大会決勝トーナメントで終わりました。三田ボーイズとしては3年生(6期生)が

米子大会準優勝

親善大会予選リーグ全勝、決勝トーナメント出場

などチームをワンランク上のレベルにあげてくれました。特に6期生は夏ごろからの成長は素晴らしいものがありました。まだまだ成長期途中の選手が多いので高校での活躍が楽しみです。

親善大会

親善大会の予選が終了しました。4戦全勝。6期生はまた、三田ボーイズの新しい歴史を作ってくれました。結成6年目で初めて決勝リーグ進出です。このまま、優勝を目指していきたい。

あす、3年生はグラウンドでミニ合宿をします。卒団までわずかですがこの機会に色々話して親睦を深めてほしいと思います。

秋季大会を終えて

秋季大会は三田ボーイズ結成初の本戦出場を目指しましたが、決定戦で阪神ボーイズに負けました。12人のメンバーで1回戦、2回戦と連勝したことは平日練習の成果と思っています。

しかし、もうワンランク、ツーランクの向上が必要です。5か月後の春季全国大会予選に向けて厳しい練習の始まりです。

秋季予選

本日、淡路佐野球場で新チームの初陣、秋季予選の初戦を迎えました。12人の精鋭?で迎えた本番ですが若干のイレギュラーで11人で臨んだ初戦、あいにくの雨で中止となりました。

6期生よりも技術も体格も劣る7期生ですが何かやってくれそうな期でもあります。

非常に楽しみです。

高校野球は親が9割を読んで

皆さんに購入して頂いた本はどうだったでしょうか?参考になった事がたくさんあったと思います。

「私は大丈夫」と思っている方こそ、しっかり読んでほしいと思います。私自身、指導する立場で「もちろん自分は大丈夫」と思いながら読みましたがモンスターチェックで数個あてはまる項目がありました。

過信は禁物です。「自分は普通」と思っている事でも周りから見れば「ズレている」という事もあると思うのです。ですから「自分は経験があるから」とか「この本を見なくても大丈夫」と思っている人こそ是非見てほしいのです。

私も世間の現状(厳しさ)を理解(認識)した上でグラウンドで子供たちと接していきたいと思います。

全国大会を終えて

西武プリンスドームで行われた社会人野球の全国大会に行ってきました。1回戦は優勝候補に逆転勝ちし、2回戦も9回2アウトまで3点差で勝っていましたが土壇場で同点スリーランを打たれ、結局延長戦で敗退しました。

球場の誰もが我がチームの勝利と思っていたでしょう。しかし、一球で野球の流れが変わりました。野球は怖いものです。だから練習での一球一球を大切にしたいものです。グラウンド外での言動も大切にしたいものです。野球の神様が見ていますから。

高校野球は親が9割

いい本を見つけました。

この本は保護者を批判する本ではなく、子供に野球をさせている以上、保護者に守ってほしいこと、やってほしいこと、子供に教えてほしいこと、等が詳しくは紹介されています。そして、高校の指導者、大学の指導者は選手と保護者のどこを見て選手をスカウトするのかが紹介されています。

是非、親子ともによく読んでいただき参考にしてほしいと思います。

準優勝

3年生最後の米子大会。3年生の頑張りで準優勝しました。三田ボーイズ結成から6年目で初の決勝進出、決勝戦も最終回まで0-2と善戦しましたが最後は力尽き、0-9で敗退。

これからが楽しみです。

3回戦敗退

昨日の東大阪大会3回戦は8-10で敗退。勝てる試合だったがミスが多すぎた。しかし、現状のチーム力で良く戦った方だと思う。来週の米子大会は有終の美で終わりたい。

本日は終日練習。保護者の皆さんにはグラウンド回りの草刈りをお願いしました。暑い中、ありがとうございました。子供たちも感謝してくれていると思います。