今日の練習

春季全国大会予選に負けて、今度は選手権予選に向けて頑張っていこうと決めてから初めての練習。

期待してグラウンドに行ってみるが来ている選手は予選前と変わらず。でも選手は以前から全員「高校でも野球を続けたい」という。三田ボーイズは週に7日のうち4日しか練習をしていない。それも休む選手が高校で通用するのでしょうか?

甲子園で活躍する選手は一年間ほぼ休みなく練習をしています。(どんなスポーツでも同じだと思う)三田ボーイズでも過去に練習を休むことなく学校の成績もよい選手がいました。その選手は高校に入学しても同じように成績がいいのです。(もちろん野球も)

今日は名門高校の前監督がグラウンドに来られ、現チーム状況を話しました。すると前監督は「そんな選手はまず、高校では通用しないよね」とバッサリ。

三田ボーイズでは、今に始まったことではなく「クラブチーム野球をするのなら」とずっと選手には言ってきたつもりなのですが、なかなか変わらない。

野球で何をしたいのかな?不思議だ。

春季大会1回戦負け

尼崎B戦、1-3で敗退。

選手はよく頑張りました。負けは監督の責任です。本当に勝たせてあげたかった。選手権に向けて仕切り直しです。

この大会で感じたのは、個々の技量というより、勝利への執念の差です。選手は誰一人も負けたいとは思っていない。しかし、勝ちに行こうともしない。そんな雰囲気がチームにはあります。試合に出ている選手、ベンチ、スタンドの一体感がない。団体スポーツはそれでは勝てません。

それでも平日練習等の成果で個々の技量に差はありません。選手権予選まで3か月。充分に時間はあります。

・平日練習の参加・テスト前休み、休部の廃止。

選手には全国大会出場に向けて、本気で野球に取り組もうと話しました。私たち指導者ももっと頑張らないといけません。

仕切り直し

本日の春季全国大会予選は雨天のため中止。

しかし、三田地域は少雨で午後2時過ぎまで練習が出来ました。野球の神様は三田に味方したかも。

明日は思いっきり暴れてほしい。

今日も小雨が降る中、ブルペンの作業をしてくれているお父さんがいました。子供たちは気づいているかな?

野球の勝ち負けも大切だけど、そんな事を気づく人になってもらいたい。

調整、完了!

春季大会前、最後の練習を行いました。

ほぼ全員が参加しました。これまでは中々出来なかった事。非常にいい調整ができました。チームの雰囲気も非常にいい。この子たちは何かやってくれそうな感じがします。

春季大会の背番号

20日初戦を迎えるボーイズリーグの春季全国大会予選の背番号を選手に渡しました。

うれし顔の選手、悔し顔の選手。

背番号を渡すたびに、中学生の時を思い出します。中3の最後の大会、それまでつけていた「背番号1」をライバルに奪われました。今でもあのとき(監督から背番号を渡される風景)は忘れません。「野球を初めてやめたい。」と思った時。

まだまだ、これから、諦めない。頑張れ!

平日練習の成果

今日も寒い中、夜間練習を行いました。

平日練習は毎回10数人で行います。(部員の7,8割程度の参加)

遠方の選手もおり、全員参加は難しい状況ですがチーム全員が参加する雰囲気になれば全国大会は間違いなし。

練習に来ない選手は使いづらいのです。