やりはじめてからの辛抱が自分を作る

今、チームでは、腕立て伏せや柔軟性など基礎的なことの強化を図っています。 柔軟では開脚して頭がつくまでを基準として取り組んでいます。あと10センチで頭が付く選手が、あと9センチまでがなかなかきついようです。 あと10センチ、あと10センチ・・・と何回かやっているとあるとき、す~っと。あと5センチとなるときがあります。伸びる前の段階は大抵苦しいのです。